2021年大会結果

RESULT

最優秀賞

守れ宝箱!ぼくのスーパーembotくん

守れ宝箱!ぼくの
スーパーembotくん

宮﨑みやざき勇斗ゆうとさん(大阪府)

このembotは宝箱の中にある大事なお宝を泥棒から守ってくれます。この作品のアイデアのヒントになったのは、よくゲームで宝箱が落ちていますが、それを主人公にすぐに取られてしまうのは敵が可哀想だと思ったことです。それを元に、自分や家族が安心できる防犯宝箱を作りました。剣と盾は取り外しできるので、embot君を休ませることができます。

タカラトミー賞

ペンペンファッションリーダー

ペンペン
ファッションリーダー

樋口ひぐちことはことはさん(大阪府)

作品名は、ペンペンファッションリーダーです。私は服えらびでこまっています。ペンペンはお天気APIを使って気温によって服をえらんでくれます。たとえば、30℃では白のTシャツ。20℃ではピンクの長袖のワンピースです。そして、雨のよほうだったら、ペンペンが後ろを向いてカサマークが出ます。お母さんもペンペンのおかげで雨かどうかわかりました。ペンペンはかわいくてべんりです。

インフォディオ賞

なんじ?なんぷん?ちくたっくん

なんじ?なんぷん?
ちくたっくん

佐藤さとうわたるさん(大阪府)

来年小学校に入学するぼくの弟は、まだ時計がかんぺきに読めません。そんな弟のために作った時計問題ロボットです。問題を出すところから、正解不正解の判定をするところまで全部プログラムができるようにがんばりました。0分から59分までのプログラムをひとつずつ作っていくのが本当に大変だったので、そこを見てほしいです。

島村楽器賞

花火embot

花火embot

川本かわもと倖生こうきさん(大阪府)

僕は「花火embot」を作りました。このembotは、僕が花火を楽しみたいと思って作りました。embotに花火をあげてもらって、夏の楽しみだった花火大会を感じることができたような気がします。花火embotを作るので難しいと思ったのは、なかなかジャイロの設定が決まらなかったところです。花火あり、音楽ありのかわいいembotです。

キッズスター賞

フィッシャーマンembot

フィッシャーマンembot

小西こにし慶義みちよしさん(東京都)

ぼくの作ったembotの作品名は「フィッシャーマンembot」です。工夫したところは、モーターで海の波を表現して、実際の魚釣りをするみたいに、タブレットの向きで釣り竿が動いたり、音がなったりします。妹といっしょに、釣りゲームで遊ぶことができます。最後はタブレットをさかさまにすると、ゲームが終わります。

イオンリテール賞

ハムハムだるま落とし

ハムハムだるま落とし

脇田わきた理世りせさん(愛知県)

前に飼っていたハムスターをイメージして、だるま落としを作りました。タブレットの角度でハンマーをふる角度を決め、だるまを落とすゲームです。三回チャンスがあって、上の小さいミニボットを落とさずできると成功です。やる気が出るようにカウントダウンの音を付けたり、ハンマーをふる時も音を鳴らしたり工夫しました。

旭化成ホームプロダクツ賞

ハンドボールガチ勢

ハンドボールガチ勢

チーム名:酢豚のパイナップル
岩野いわのあらたさん(大阪府)
清水しみず悠介ゆうすけさん(大阪府)

僕たちの作品は「ハンドボールガチ勢」です。僕たちは二人で参加するので対戦ができるものにしようと思いました。投げるほうはスプーンとペットボトルキャップを使って投げられるようにしました。キーパーは初めの状態の手だと止められないので手を大きくする工夫をしました。髪型とユニフォームが僕たちのお気に入りです。

審査員特別賞

恐竜時代のプテラノドン

恐竜時代のプテラノドン

大沼おおぬましょうさん(山梨県)

このロボットは恐竜時代のプテラノドンです。リアルに見せるために、くちばし・頭・首・体・羽を別々に作りました。羽はカムを使って交互に動くようにしました。卵はCADで設計したものを3Dプリンタで作成しました。今にもとび立ちそうな様子をイメージしました。

コロナQUEEN

コロナQUEEN

鈴木すずきりんさん(大阪府)

このロボットは、コロナ禍で役立つロボットです。お出かけや、どこかに行くとき、「コロナ心配だなぁ」と思ったときは、プログラムを、起動します。もし、コロナのニュースが15こ以内なら、「セーフだけど気をつけよう」という旗が動きます。でも、コロナのニュースが、15こ以上なら、「危ない」と書いてある旗が動きます。なぜ、このエムボットを、作ったかというと、コロナが、少し収まったけど、また多くなったというとき、出かける時の、タイミングが、分からなくなったからです。私が、作ったエムボットは、今だから、できたエムボットだと思います。わたしは、動物園や、遊園地が好きなので、自分的にも嬉しいです。

勉強かんしロボ

勉強かんしロボ

倉井くらい景伍けいごさん(大阪府)

宿題の時ダラダラしてなかなか終わらなくてどんどん楽しい時間がなくなっていたから「勉強かんしロボ」をつくりました。今までは時計を見たりタイマーをつけたりしていたけれど駄目でした。このエムボットだと勉強時間も休憩時間も教えてくれます。15分ごとの短い時間で勉強に集中できるし、目を休めれる時間も作れ、一石二鳥です。

Embot Protect Your Eye

Embot Protect Your Eye

鳥越とりごえ優希ゆきさん(東京都)

スタートを押すとスマホが箱の中に落ちると同時にメモ帳が飛び出します。設定した時間が経つまでスマホの取り出し口には鍵がかかっているので、メモに書かれた"筋トレなど"をしてスマホから気持ちを離します。目を休めることができて視力や姿勢が悪くなる事も予防できます。難しかったたころは、スマホを落とす動きとメモ帳が飛び出す動きを1つのアームでやったところです。

けじめをつけ猿(ざる)おえない

けじめを
つけ猿(ざる)おえない

川口かわぐち颯太そうたさん(山梨県)

僕はゲーム時間がいつもオーバーしてしまいけじめがつけられず、お母さんに怒られる事が多くなりました。そこで‼ タイマーをセットし、ゲームの時間をオーバーすると猿が持つ『バナナ銃』に撃たれて痛い思いをする面白く!! 少しスリリングなロボットを作りました。猿ロボットなのでタイトルは「けじめをつけ猿おえない」とかけてみました。