embot アイデアコンテスト embot アイデアコンテスト

大会レポート

新時代の小学生に挑戦の場を!
アイデアが光る「embotアイデアコンテスト」最終選考会

2019年10月22日、東京銀座のD2Cホールにおいて、GPリーグ主催による小学生を対象としたロボットプログラミングのコンテスト「embotアイデアコンテスト最終選考会&表彰式」を開催しました。

全国からユニークなembot作品が集結!

「embotアイデアコンテスト」は、2020年にプログラミング教育必修化を迎える新時代の小学生たちに、アイデアを形にし、プログラミングのスキル活用をプラスした「デジタルなモノづくり」に挑戦するための目標や成果発表の場を設けることを目的とした、embotを活用した初のコンテストです。さらに、「embotアイデアコンテスト」では、「挑戦し表彰されることで小学生達に自信をつけてもらい、次の学びのステップへつなげてもらいたい」という思いを込めています。

コンテストのテーマは「いろんなカタチのembot」。ダンボール製の組み立てロボットと、サーボモーターやLEDを接続できるembotコアがセットになった「embot キッズプログラマーズ スターターキット」を使い、自由に工作した作品を7月から9月まで募集しました。その結果、家庭だけでなく、夏休みの自由研究やワークショップ、学校のクラブ活動、プログラミング教室などでembotの作品づくりに挑戦した全国の小学生から力作が集まりました。当初、最終選考会には10作品を選考する予定でしたが、予選の作品を見たembot研究開発スペシャリストチームからの強い希望により、16作品が選出されました。

10月22日の最終選考会では、全国からファイナリストの小学生14チーム16人が参加し、3分間の発表時間で自分の作品の工夫した点やアピールポイントなどをプレゼンし、デモを行いました。当日までに作品をさらにブラッシュアップし、朝から本番に向けての発表練習を何度も行った小学生達は、本番では堂々と自分達の作品を発表していました。

兄弟姉妹で参加するチームも多く、「一緒に遊べるように、2台のロボットを作ってみた」といったエピソードなども披露してくれました。
兄弟姉妹で参加するチームも多く、「一緒に遊べるように、2台のロボットを作ってみた」といったエピソードなども披露してくれました。

最優秀賞はスマホのセンサーを活用した作品

最終審査会では、embot研究開発スペシャリストチームのチームリーダーである額田氏をはじめ9人の審査員が、「アイデア力」「工作力」「表現力」の3つの観点から作品を審査し、最優秀賞、優秀賞のほか、初期embot開発メンバー賞、審査員特別賞を選考しました。

最優秀賞
「ビックリキングembot」 鈴木清人馬さん(大阪府・小学5年生)

結果、最優秀賞には鈴木清人馬(すずきせりま)さんの「ビックリキングembot」が選ばれました。「ビックリキングembot」は、「みんなをビックリさせて喜んでもらえるようなロボットにしたかった」ということで、スマホやタブレットが傾くと仕掛けが動作する仕組みになっています。「盗難防止」という課題解決を目指したことと、傾きセンサーを活用したプログラミングの工夫などが、高く評価されました。

「embotアイデアコンテスト」で最優秀賞を受賞した鈴木清人馬さん。
「embotアイデアコンテスト」で最優秀賞を受賞した鈴木清人馬さん。

↑発表では、2人の妹さんがかわいい泥棒に扮し、スマホを持ち出すとロボットが反応するというデモを披露してくれました。

歴史とパズルが好きという鈴木さんは小学2年生からプログラミング教室に通い、「Scratch」などでプログラミングに親しんできました。コンテストに挑戦するのは今回が初めてとのことでしたが、「優勝する自信は少しあったけれど、最後まで名前が呼ばれなかったので、ダメだと思っていました」と、うれしそうに話してくれました。

最優秀賞の受賞者は、今後embot研究開発スペシャリストチームとともに製品開発に挑戦し、その様子をプロクリエーター体験として「embot公式YouTubeチャンネル」で配信を行う予定です。

SNS

embot

GPリーグ

主催:GPリーグ
企画:embotアイデアコンテスト実行委員会
協賛:株式会社D2C

お問い合わせ