embot アイデアコンテスト embot アイデアコンテスト

英語でプレゼンした小学3年生も登場

最優秀賞に続く「優秀賞」には、以下の4作品3名が選ばれました。

優秀賞
「みおぞう」末永澪璃さん(東京都・小学4年生)

ゾウの鼻が動く「みおぞう」は、鼻だけでなくしっぽも動き、「ぞうさん」の音楽が流れます。ゾウロボットの隣には、かわいいリンゴの木も用意されており、世界観を感じられる作品に仕上がっていました。ロボットの鼻が上向きに動くのは、「上に動いたほうが元気な感じがする」ということで、なかなか思い通りに動かなかった部分を苦労して調整したと話してくれました。

本番直前まで調整を重ねていた「みおぞう」は女の子らしいかわいいアイデアが満載でした。

優秀賞
「逆立ちロボット東京2020」樋口陽士さん(大阪府・小学4年生)

ロボットを逆立ちさせるというユニークなアイデアに注目が集まりましたが、実は失敗から生まれた作品だったことを話してくれました。「最初にワニロボットを作ろうとしたらうまくいかなかった。手の部分が逆立ちしてしまったことから、自分の好きな体操の”逆立ち“をするロボットにした」という柔軟な発想が高く評価されました。「うまく逆立ちできるまで何回も失敗したので、手の角度などを調整して工夫した」ということです。

自身の体操の経験を活かし、衣装や金メダルなど、細かいデザインにもこだわった作品に仕上がっています。

優秀賞
「embot makes you fun !!!」「なんでもっくん」鳥越優希さん(福岡県・小学3年生)

一人で2作品も応募したうえ、プレゼンのスライドを作成し、さらに流ちょうな英語でプレゼンを行った小学3年生の鳥越さん。
「embot makes you fun !!!」は、大好きなガチャガチャをテーマに、embotのパッケージ用のダンボールを使い、3Dプリンターで作った飾りなどを付けて、見た目も楽しいガチャガチャマシンに仕上げました。
「なんでもっくん」は、当初は線を書けるロボットを目指したもののうまくいかなかったため、色々な試行錯誤を経て、ゴミを片付けるためのお掃除ロボットにしたと話してくれました。

  • 「1歳の時からレゴを始めた」という鳥越さん。最年少での参加ながら、堂々としたプレゼンを行いました。
    「1歳の時からレゴを始めた」という鳥越さん。
    最年少での参加ながら、堂々としたプレゼンを行いました。

「1歳の時からレゴを始めた」という鳥越さん。
最年少での参加ながら、堂々としたプレゼンを行いました。
ガチャガチャの楽しさが詰まった「embot makes you fun !!!」(写真上)と、焼きそばをあおぐユニークな応募動画も好評だった「なんでもっくん」。

embot開発メンバーも絶賛した
アイデアあふれる作品

「初期embot開発メンバー賞」は、その名の通り、embotの初期開発メンバーである脇阪洋平氏などが選んだ3作品を表彰しました。
いずれも独創性あふれるアイデアのすばらしい作品ばかりでした。

初期embot開発メンバー賞
「燃える鍛冶師」TT兄弟高垣俊佑さん、辻本徹平さん(大阪府・小学6年生)

ノリのよい音楽をバックに登場した男子2人組は、こだわりの詰まった刀鍛冶のロボットを披露。
「燃える鍛冶師」は、テレビで鍛治師の仕事をみて、「最後は人間の手でやる という紹介を見て、ロボットの方がよいのではという発想から生まれた作品です。YouTubeで鍛治師の動画をみて、リアルな動きを研究したというだけあり、細部の作り込みにもこだわりが詰まっていました。

兄弟のように仲の良い幼馴染が力を合わせて作りました。

初期embot開発メンバー賞
「チョウチンアンコウ」末永琉惺さん(東京都・小学6年生)

完成度の高さで、ひときわ目をひいていた「チョウチンアンコウ」は、「LEDの光をみて、チョウチンアンコウに似ていると思った」ところから始まったそうです。
手先の器用さを生かし、ダンボールの特性を使って繰り込みと折り目を入れ、チョウチンアンコウの形を表現しました。ロボット本体だけでなく、青い土台の上に黒い紙を丸めて深海を表現するなど、デザイン性の高さも評価されました。

優秀賞の澪璃さんは妹で、制作に関して色々とアドバイスをしてあげたそうです。

初期embot開発メンバー賞
「動く!歌う!“スーパーシャチ”」小関飛翔さん(東京都・小学4年生)

「前につくった『ブタのそうじき』をパワーアップさせて、大好きなシャチにしました!」という「スーパーシャチ」ロボットは、前に進んだりするほか、食べる、海の歌を歌うという3種類のモードを搭載しています。
外観も黒と白の紙でシャチらしさを出し、シャチ愛あふれる作品に仕上がっています。

随所に工夫を凝らし、進む速さも変えられるというスーパーシャチ。

SNS

embot

GPリーグ

主催:GPリーグ
企画:embotアイデアコンテスト実行委員会
協賛:株式会社D2C

お問い合わせ